[執行役員および取締役]

経験豊富な経営陣による執行
およびガバナンス

<Management Team>
  • 森田 晴彦

    森田 晴彦

    ファウンダー、代表取締役 CEO

    森田 晴彦

    キリンビール(株)[現 協和キリン(株)]にてバイオ医薬品、スロンボポイエチンの研究開発に従事後、ブーズ・アンド・ハミルトン(現 PwC Strategy &)で企業の経営戦略に対するコンサルティングを提供。抗体医薬を開発するY’s Therapeuticsにおいては経営企画、事業開発および米国法人の立ち上げとマネジメントに貢献。2006年にGvHD(血液幹細胞移植に伴う移植拒絶)を制御性T細胞の誘導によって治療を目指すREGiMMUNEを設立し、CEOとして米国第2相臨床試験までリードプログラムの開発を指揮。2016年当社設立。代表取締役CEOに就任。バイオテック企業のシリアルアントレプレナー。東京大学工学部卒業 同大学院修了

  • 山形 哲也

    山形 哲也

    SVP, Chief Technology Officer

    山形 哲也

    医学部卒業、大学院修了後、日本学術振興会特別研究員としてがん研究、およびハーバード大学でリサーチフェロー、インストラクターとして免疫寛容などの研究で功績を残す。日本に帰国後、獨協大学血液腫瘍内科准教授として臨床に従事するも、再度渡米し、テンペロファーマシューティカルズおよび大手製薬会社GSKにて、制御性T細胞の誘導および抗体医薬品の研究開発に携わる。分子生物学、血液内科学、免疫学の幅広い分野において、また研究、開発から臨床までバイオテックと製薬の両方にまたがる経歴を有する。東京大学医学部卒業 同大学院修了 医師 医学博士

  • 小林 直樹

    小林 直樹

    VP, Chief Financial Officer

    小林 直樹

    (株)大京の財務部門で不動産ファイナンスの経験を得た後、デロイトトーマツグループにてバイオベンチャーの立ち上げ等のコンサルティングに従事。その後抗体医薬の開発ベンチャーである(株)Argenesに創業時から参画し、製薬会社への売却まで取締役CFOとして経営に携わる。IT企業である(株)はてなにおいては財務戦略やIRの責任者である取締役CFOとして、同社を2016年2月の東証マザーズ上場へと導く。直近では新規がん治療薬を開発する上場バイオベンチャーであるオンコリスバイオファーマ(株)の財務担当取締役を務めていた。一橋大学大学院修了 MBA

<Board Member>
  • 濡木 理

    濡木 理

    サイエンティフィック・ファウンダー
    社外取締役

    濡木 理

    東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 教授。X線結晶構造解析およびクライオ電子顕微鏡を用いたタンパク質・核酸の立体構構造生物学では世界の第一人者の一人。
    東京大学大学院、助手、助教授時代に、アミノアシルtRNA合成酵素やtRNA修飾酵素の立体構造、分子機構を解明。東京工業大学教授に就任後は膜チャネルの構造機能研究を開始。
    その後、東京大学医科学研究所教授を経て東京大学大学院理学系研究科の教授に就任。膜輸送体、GPCRの構造機能研究に従事。CRISPRの発明者の一人であるFeng
    Zhang氏とは同氏のStanford大学院時代に膜タンパクの構造解析以来、様々なプロジェクトで共同研究を実施。世界で初めてCRISPR分子がDNAと複合体を作る構造を解明。その後の改変Cas9などの作成に道を拓く。東京大学理学部卒業 同大学院修了 紫綬褒賞受賞 理学博士

  • 竹田 英樹

    竹田 英樹

    社外取締役

    竹田 英樹

    藤沢薬品工業(株)[現 アステラス製薬(株)]では、研究部門を経て知財部門にて特許、知財戦略構築に従事。財団法人先端医療振興財団 知的クラスター創成事業科学技術コーディネーター 就任。2009年に(株)Medical Patent Research設立。(株)ヘリオスの前身の日本網膜研究所設立に代表取締役として携わった他、多くのバイオベンチャーを知的財産戦略的な側面からサポートを行っている。大阪大学理学部生物学科卒業 同大学院修了

  • Joseph S McCracken (ジョー・マクラッケン)

    Joseph S McCracken
    (ジョー・マクラッケン)

    社外取締役

    Joseph S McCracken (ジョー・マクラッケン)

    Rhone-Poulenc Rorer[現 Sanofi]社にて事業開発に従事した後、Genentech社にてVP, Business Developmentとしてバイオテック企業の黎明期に現在の業界で標準となる事業モデル構築に携わる。その間に日本駐在としてアジアパシフィックの事業開発にも従事。Genentech社がRoche社に買収された後にRoche社のVice President and Global Head of Business Development & Licensingとして同社の事業開発およびライセンスをリード。現在はアドバイザーおよび取締役として Alkahest社、Kindred Biosciences社、Regimmune社、およびSavara Pharmaceuticalsなどバイオ創薬企業の経営に関与している。オハイオ州立大学卒業 同大学院修了 獣医学博士

  • 嶋根 みゆき

    社外取締役 常勤監査等委員

    中外製薬(株)にてバイオ製品の新薬の研究開発に長年従事し、特に日本で初の遺伝子組換え医薬品の開発への参画、ゲノム解析による疾患関連遺伝子探索の研究グループを主導するなど遺伝子研究開発に携わり、新規創薬技術の探索、薬物動態、創薬企画などの経歴を有する。お茶の水女子大学理学部生物学科卒業

  • 田島 照久

    社外取締役 監査等委員

    中央監査法人等にて、バイオベンチャーに対する財務・会計に関するコンサルティング、支援業務に従事。田島公認会計士事務所を設立し、バイオベンチャー企業を中心とした税務・コンサルティング業務に従事。(株)ロングリーチグループおよび(株)サイバード、クオンタムバイオシステムズ(株)等の社外監査役を務める。神戸大学卒業 公認会計士

  • 古田 利雄

    社外取締役 監査等委員

    弁護士法人クレア法律事務所の代表として長年にわたってベンチャー企業の創設・成長支援を実施。上場企業では(株)キャンバス及びネットイヤーグループ(株)にて取締役(監査等委員)、(株)トランザクション等の社外取締役を務める。弁護士 東京弁護士会 所属